サイトタイトル・サブナビゲーション・サイト内検索を読み飛ばす ナビゲーション部分を読み飛ばす
  1. 中国情報通信懇談会トップページ
  2. 懇談会の概要
  3. 会長挨拶

会長挨拶

ごあいさつ

中国情報通信懇談会 会長 苅田 知英
中国情報通信懇談会 会長
苅田 知英
(中国経済連合会 会長)

中国情報通信懇談会は、情報通信の普及促進を通じて、地域の活性化や発展に寄与するための諸事業を産学官連携によって取り組む団体「中国ニューメディア懇談会」として昭和60年に設立され、平成13年度に現在の「中国情報通信懇談会」へと改称し、昨年9月に設立30周年を迎えました。

当懇談会は、「地域情報化・コンテンツ部会」「電波利用促進部会」「放送部会」及び「電波の日・情報通信月間推進部会」を設置し、顧問会議や運営委員会からの意見をいただきながら、医療・介護、福祉、教育、防災、観光、交通、雇用促進など様々な分野におけるICT(情報通信技術)利活用の普及を推進するため、講演会やセミナー、調査研究会などの事業を展開しています。

中国地方においては、地域の産業を支えてきた製造業の生産拠点の統廃合や海外移転が進展し、また、少子高齢化・人口減少の急速な進行に伴い、中小都市や中山間地の疲弊が深刻な問題となっており、地場産業の競争力強化や観光振興、新たな成長分野の開拓など、地域の自立的・持続的な発展のために克服すべき、さまざまな課題を抱えているところです。

政府も「まち・ひと・しごと創生総合戦略」により、地域の自立と活性化に取組んでおりますが、地域の課題を解決するためにはICTの利活用が極めて有効であり、IoTやAI技術など新しい技術と融合しながら地方創生を推進しているところです。

当懇談会では、中国地方の経済の活性化や人材の確保、少子高齢化への対応、中山間地域・島嶼部の振興など地域が抱える諸課題を解決し、地域の隅々までいつも便利、安心・安全で快適な日々を送ることのできる地域社会の実現に貢献するため、地方創生に資する意義ある活動を積極的に取り組みたいと考えております。

引き続き、皆さま方の御理解と積極的な御参加をお願いいたします。

ページの先頭へ戻る